思い出のマンション

私は小学生6年生までマンションに住んでいました。

目の前は大きな公園で、3階のベランダから市民プールと広いグランドが見えました。高い位置から眺める景色も良かったですが、子供にとっては、絶好の遊び場でした。

二棟のマンションにはたくさんの子供たちがおり、通学も一緒で、遊ぶ友達にも困りませんでした。友達の家へ遊びに行ったり、来てもらったりも楽しかったですが、マンションの階段や踊場で遊んだり、最上階から遠くの街並みを見たのもいい思い出になってます。

大人だったら何てことない景色だったかもしれません。けれど子供だった私にとっては全てが魅力的な遊びに見えました。毎日、日が暮れるまで友達と遊んでいました。一軒家へ引っ越しの時はとても寂しかったのを覚えています。

設備の充実

2年ほど前に事情があり江東区のマンションに引っ越しをしました。

物件の選定や内覧をする時間があまりなく、ドタバタの中で決めたのを覚えています。住み心地は良く、いわゆる高層マンションでしたが住んでいたのは低層階で仲介手数料無料の物件なので、かなりお得です。金銭的な余裕がなかったことはもちろんながら、妻が「高層階だと降りるのに時間がかかりそう」と懸念してたこともあり低層階にしました。

都内にしては騒音もなく近くにホームセンターやスーパー、公園などあり、これといって困ることはありませんでした。唯一、スーパーの野菜の値段が他と比べて高めでしたが。

設備の充実という点では浄水器付き、人造大理石を使ったキッチンやディスポーザー(野菜などの生ごみを処理する)等も完備。こちらは妻がお気に入りでした。私は壁に埋め込まれた収納スペースや、浴室の床がすぐ乾く仕様になっているところが気にいりました。

住人同士のあいさつも頻繁にかわされ、住み心地はかなり良かったです。

夢の都心暮らしを実現!

都心の高層マンションに暮らせるのは、一人暮らしの特権だと思い住んでいたことがあります。部屋は狭かったのですが、渋谷という都心の賃貸デザイナーズ物件ですし、10階ということもあり、眺望と住み心地は最高でした!

ベランダからは、当時建設中だったスカイツリーを見ることができ、夜景もとても綺麗でした。完成までは、日に日に高くなっていくスカイツリーを、その成長をみる感覚で楽しんでいました。完成後はライトアップも混雑知らずで毎日楽しめました。

そして浅草方面が見えるということは、隅田川の花火大会も見えたのです!さすがに音までは聞こえなかったのですが、音はテレビ中継で楽しみました。人混みに揉まれることなく、好きなだけビールとおつまみを楽しみながら、花火を楽しめたのは最高の思い出です。

管理人が常中していること

東京都市内港区の高級賃貸マンションに住んでいて、今は都市部のマンションに住んでいるのですが、管理人がマンション一階に常住してることに軽く驚きを感じました。市内のマンションは管理人がいなくて荒れ放題だったのが印象的で、都内と市内でもこれだけ変わるのか、と非常に感慨深く思ったものです。

管理人は老夫婦の二人です。二人とも私が挨拶をすると、にっこりと手を振って、「行ってらっしゃい」とか「おかえりなさい」と言ってくれるので、それを毎日の励みに仕事を頑張っています。今も壁や天井の塗装で業者が入ったりしてますが、管理人さんがいろいろ気遣ってくれて、仕事がスムーズに行われているようです。

そろそろ今のマンションに移り住んで5年が経とうとしています。今年こそお世話になってる管理人さん二人に何か贈りたいですね。

お部屋探し

私の部屋探しのポイントは、3つです。

まず1つ目は、家賃です。自分のお財布にあったそしてその中で住みやすい物件を探します。なるべくトイレ、バス付きがよいです。

2つ目は、環境です。静かすぎず、しかも近くにお店等あれば防犯面でも安心であると思います。女性やファミリー層が入居してたら心理的に安心できる気がします。これに関しては大井町にあるマンションの賃貸物件が大変お勧めです。大井町は静かに暮らせる街でありながら、セキュリティ対策が抜群な場所です。女性やファミリー層などには最適な街です。

3つ目は、住居スペースです。やはり毎日の洗濯はベランダで干したいです。

私的には独り暮らしなら無駄に部屋が広くても管理できないので、1DKくらいが最適かなと思います。後は、余り壁が薄かったり、物音が激しく聞こえる等防音設備気になります。やはり結構そこが、隣人や下の階の方とトラブルを生む原因となるのでチェックします。

閑静な住処

以前住んでいたマンションは、新築でした。

色々回りましたが、浅草でみた物件のなかやはり新築の賃貸物件の清潔さと洒落た感じに魅了され、即決しました。

駅からは徒歩8分ほどで、ちょうど良い距離に思います。少し駅から離れているだけで大変静かでした。駅までの道の途中に神社があったため、通勤前のお参りが日課となり、清々しい気持ちで出社できていました。あと良かったことは遅くまで開いているスーパーが駅の近くにあったこと。残業で遅くなってもお惣菜を買えたり、次の日のお弁当の材料も買って帰ることができました。

駅の近くには飲み屋さんもたくさんあり、一人暮らしならではの、門限なしの自由な時間を過ごすこともできました。飲んで帰った次の日はのんびり朝寝坊。その際も静かで、遠くのグラウンドから野球の掛け声が心地よく聞こえてきたものです。